【追加プラグインなし】WP-touch3.1.5で関連記事を表示する方法

WP-touch3.1.5の記事画面

このエントリーをはてなブックマークに追加

WP-touchが3.1にバージョンアップ

WP-touchが3.1シリーズへと更新されて、大幅にレイアウトが変更されました。

今までに微妙に変更していたレイアウトが吹っ飛びました。

バックアップってやはり大切ですね。

WP-touch3.1.5のデフォルトを確認したのですが、かなりかっこいいですよね。

手を加えなくても綺麗に表示されています。

デフォルトのテーマは「Bauhaus」です。

TOP画面は記事のアイキャッチ画像が大きく表示されています。

WP-touch3.1.5のTOP画面

WP-touch3.1.5_TOP

フリックで最新記事5件のアイキャッチを見ることができます。

記事ページの上部には、アイキャッチ画像が大きく表示されます。

記事の下部にカテゴリーとタグを追加

デフォルトでは、記事の下部にはすぐにコメント欄が表示されます。

カテゴリーやタグを表示したい人は、WPtouchメニューから

Theme Settings > Show post categories and tags

にチェックを入れてください。

簡単にカテゴリーとタグが表示できます。

関連記事を表示

各記事のページ下部に関連記事などがないと少しさびしいです。

関連記事の表示がないと、約50%の人がその記事だけで他のサイトにいく

とWP-touchProのページに書いてありました。

関連記事の表示をしたかったら有料(?)のPro版にしろってことですね。

でもProにしてくない人はPHPをいじって関連記事を表示しましょう。

WP-touch3.1.5の記事画面

関連記事と最新記事

うまく編集すればこれぐらいには表示できます。

WordPressのダッシュボードからは編集できないので、FTPなどからファイルを直接編集します。

まずは各記事ページがどのように表示されているかを確認します。

wp-content/plugins/wptouch/themes/bauhaus/default/single.php

テーマが「bauhaus」の場合は上記のディレクトリで各記事の表示を確認できます。

「single.php」の下から9行目ぐらいを確認すると以下の記述があります。

この記述で「related-posts.php」を呼び出しています。

それでは「related-posts.php」を探します。

wp-content/plugins/wptouch/themes/foundation/default/related-posts.php

先程は「bauhaus」フォルダであったのに対し、「foundation」フォルダになっていることに注意してください。

中身を見ると関連記事を呼び出すような記述が書かれているのですが、Pro版でないとfunctionの「wptouch_has_related_posts()」がないため表示されません。

「related-posts.php」を編集する

念のためバックアップをとったあとに追記するか、

「bauhaus」フォルダに「related-posts.php」を作成して、

以下の記述をしてください。

参考にしたのは以下のサイトです。

関連記事をプラグインを使わずに表示する!WordPress高速化Tips!

ちなみにこの記述は同じタグの記事を選んでいます。

同じカテゴリーの記事を選びたい方は上のサイトを参考にしてください。

完全にコピペですが、WP-touch3.1でも使えるみたいですね。

ついでにCSSも載せます。

wp-content/plugins/wptouch/themes/bauhaus/default/style.css

何の変哲もないCSSですがこれを入れると結構綺麗に表示されます。

長くなってきたので次の記事で、「記事下部に最新記事を追加する方法」を紹介します。

カテゴリー: WP-touch3.1 タグ: , パーマリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

WP-touch3.1.5のTOP画面 【追加プラグインなし】WP-touch3.1.5で最新記事を表示する方法

アドセンスを表示 WP-touch3.1.5にグーグルアドセンスを表示する方法