苦手なパワーポイントのまとめ方-3つのコツ

パワーポイントのまとめ方

このエントリーをはてなブックマークに追加

「明日までに資料まとめてきてくれ」

こんなこと言われた経験はありませんか?

会議の資料をまとめることってよくありますよね。

色々と調査をして、資料を集めて、最終的にはプレゼンをする。

プレゼンの資料はパワーポイントで作るのがお決まり。

「でもパワーポイント作るのって苦手なんだよな・・・」

パワーポイントを作るのが苦手な人の特徴って知ってますか?

  • 文字ばかりになる
  • 要点が分かりにくい
  • 無駄なアニメーション

この中の1つでも当てはまったら3つのコツを確認してみてください。

1.画像を効果的に使う

画像で目をひく

文字ばかりのパワーポイントはとても見づらいです。

もし、プレゼンテーションの場が広い場所だった場合、後ろの方の人はパワーポイントが見えず、話を聞く気も失せてしまいます。

あなたがプレゼンテーションをしているときに、うつむいている人がいたら、まさにパワーポイントに飽きている証拠です。

見ている人の気をひくためには、効果的な画像が必要です。

伝えたいことをうまく表現した画像で目をひきましょう。

画像は、無料素材でも商用利用が可能なものが多くあるので探してみましょう。

適度に画像が入っていると、必ず顔をあげてあなたの資料に目を向けるはずです。

いつもパワーポイントに書いていた説明の文字は、別資料として印刷して配ることにしましょう。

あなたの画像に皆が注目した瞬間に、すかさず別資料を見てもらうように促せば問題ありません。

2.見出しをつけて要点をまとめる

見出しをつける

もし見出しをつけていなかったら、見出しをつけることをおすすめします。

プレゼンテーションの構成として、最初に概要を伝えます。

要点と、どの順序で話していくかを最初に必ず伝えましょう。

どのような順序で話をされるかが分からないと、重要な部分が伝わらない恐れがあります。

聞き手が最初から最後まで集中し続けることは難しいので、重要な話をするときだけ集中してもらえるようにする必要があります。

そのため、数字や具体的な例を用いた見出しをつけます。

「来客数を3倍にする5つの方法」

「コストを10%カットする営業術」

など、インパクトがあって何をどうするかが分かる見出しをつけるように心がけましょう。

理想は、見出しだけを並べても相手に話が通じる状態です。

3.シンプルで分かりやすく

稚拙なアニメーション

パワーポイントには多数のアニメーションがあります。

つい使いたくなるかもしれませんが、稚拙なアニメーションや効果音は何の印象にも残りません。

もし、ビジネスの場でそういったアニメーションを使ったら、完成度が低いプレゼンテーションとして印象が残ることになります。

相手はプレゼンテーションを聞くプロなので、高度なアニメーションなどに見慣れているでしょう。

あなたのプレゼンテーションの印象は、

「あー、あのしょぼいアニメーションのやつね」

となることは間違いありません。

無駄なアニメーションをつけるぐらいなら、分かりやすく簡潔にまとめましょう。

どうしても目をひきたいときは、文字のフォントサイズを変えたり、太字にしたりすることで他との差別化を図りましょう。

 

これらたった3つのことだけでも、意識するだけで見違えるようにパワーポイントの質は向上するはずです。

カテゴリー: パワーポイント タグ: , パーマリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

自己PRの書き方 【結論を先に】就活で伝わりやすい自己PRの書き方

文章をまとめるコツ 文章を分かりやすくまとめる3つのコツ