エントリーシートで落ちない人の志望動機の書き方

内定をもらう

このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリーシートで落ちてしまう

就職活動でエントリーシート(ES)はとても重要なものです。

ESで落ちてばかりいると、精神的に辛い状況になります。

面接までいけば、もっと自分のよさを伝えられるのに・・・。

そう後悔しても取り返しはつかないので、ESの対策はしっかりと行いましょう。

形式によっても変わってきますが、ESや履歴書では必ず志望動機を書く欄があると思います。

もともと行きたい会社ならいいのですが、第一志望でもなくとりあえず受けようと思った会社の志望動機を考えるのは特に難しいですよね。

そんなときは、3つのことに注意をして志望動機を書きましょう。

  1. 志望する会社でなければいけない理由を考える
  2. 志望する会社で自分が何をできるのか考える
  3. 入社してから何をしたいのか考える

1.志望する会社でなければいけない理由を考える

企業に内定をもらうために

絶対にその会社でなければならない理由、志望する会社の特色をよく考えましょう。

志望する会社の特色を考えておけば、面接の際にも役に立ちます。

「なんでうちなの?他の会社でもいいんじゃない?」

と言われたときに困ることなくすらすらと答えられると思います。

でも、ここで問題になるのは志望する会社でなければいけない理由をどう探すかですよね。

そこに関しては、同じ業種の他の会社と比べてみましょう。

こちらの会社ではできてるけど、こちらの会社ではできていないということを比較して探します。

調べておくことで、「うちの会社のダメなところは?」と聞かれたときにもすぐに対応できるようになります。

2.志望する会社で自分が何をできるのか考える

志望する会社でなければいけない理由を考えたら、今度は自分が何をできるのか考えましょう。

どんな些細なことでも構わないので、会社に貢献できることを探します。

その会社でしかできないこと、自分にしかできないことを考えていきます。

そうすることで、採用担当者もあなたでなければいけないと思ってくれるはずです。

他の人にもできることであれば、他の人でもいいと思われてしまうので、自分にしかできないことを考える必要があります。

ただ自分にしかできないことを伝える際に、体験談などがないとインパクトに欠けるので、必ず具体的な話は考えておかなければいけません。

3.入社してから何をしたいのか考える

最後に入社してから何をしたいのかを考えましょう。

入ったこともない会社で何したいのかを考えることは難しいかもしれませんが、そこで他の人と差別化を図ることができます。

志望する会社とあまりにもかけ離れた内容でなければ、マイナスになることはないと思いますので、考えてESに書いておくことをおすすめします。

採用担当者としては、あなたが自社にどんなメリットを提供してくれるのか、あなたが何をしてくれるのかが気になっています。

自分がやりたいと思っていることをまとめて、しっかりと伝えましょう。

やりたいことを言っていなくて、いざ入社してみたらやりたいことが何もできなかったとなったら取り返しはつきませんからね。

自分のやりたいことが実現できないなら、他の会社に行くぐらいに強気でもいいと思います。

今回のまとめ

今回は、エントリーシートで落ちない人の志望動機の書き方を紹介しました。

志望する会社でなければいけない理由、自分でなければいけない理由、どう会社に貢献するかを考えるという流れです。

注意することは、全ての話に関連性を持たせることです。

1つ1つの話ごとに内容がころころ変わっていると、一貫性がなく、論理的でない文章だと思われてしまいます。

自分の中で大きなテーマを決めて書いていくと書きやすいかと思います。

志望動機の中で一貫性のある文章を書き、さらには自己PRなどとも関連性を持たせて書くようにしましょう。

これでもうエントリーシートで落とされることはなくなると思います。

カテゴリー: 就職活動 タグ: , , , パーマリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい関連記事

文章をまとめるコツ 文章を分かりやすくまとめる3つのコツ